京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

3月・4月の運用成績

こんにちは、島人です。 

更新が滞ってしまいましたが、何とか生きております。

保育園が休園となる一方、大学は5月7日からオンライン授業により再開ということで、育児と授業準備に追われる日々を過ごしています。

そして大学が始まっても、保育園の休園は延長されそうで絶望的…

 

さて、今日は3月と4月の投資成績を晒しておきます。

 

ちなみに2月の惨状はこちら↓

shima-jin.hatenablog.com

 

 

3月はマイナス15.14%(年初来マイナス37.40%)でした。

4月はプラス14.84%(年初来マイナス28.09%)でした。

レバレッジも1.05倍程度にまで減り、信用含み損もほとんどなくなりました(現物含み損は莫大ですが)。

 

保有株上位は下記のようになっています(自分のメモ用として今後も記録していこうかな)。

ギガプライズ(最主力。今後の成長に期待)

JT(配当・優待狙いで長期保有枠)

MCJ(パソコン売れてるはず。東証1部に行ってほしい)

中央自動車工業(コロナの影響がどう出るか…)

プレミアグループ(成長期待)

システムリサーチ (先日、好決算来て嬉しい)

JBCC(成長期待。コロナの影響どう出るか…)

アプライド(パソコン売れてるはず)

コーナン(ホームセンターで割安)

第一交通産業(残存者メリット享受できそう? 東証1部に行ってくれ)

KDDI(安定)

やまや(家飲み銘柄。優待で生活費削減)

 

4月は大きくリバウンドしましたが、5月に入って、雰囲気変わってきましたね。

2番底が来る可能性も大いにあるので、資金管理・リスク管理を徹底していきたいと思います。

2番底が来たら、信用出動するぞ!(成長してない)

 

それでは、皆様よいゴールデンウィークを!

 

連休中もう一度この本の内容を脳に染み込ませたいです↓ 

 

「WealthNavi」で資産運用