京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

私のポートフォリオ構築戦略

f:id:shima_jin:20170701235411j:image


こんにちは、島人です。 

 

今日は、私のポートフォリオ構築戦略について、お話したいと思います。 

私は、1億円達成時点で、どのようなポートフォリオ構成をとっていたいかを考え、

そこから逆算して、そこにいたるまでのポートフォリオ構築戦略を考えています。

   

1億達成時点でのポートフォリオ構想

①現金 約1000万円(10%) 

1億円を達成した場合でも、IPO、立会外分売、優待クロス、ドル安時のドル買い付け資金、暴落時の買い付け資金などのために、一定程度の現金を保有する予定です。

現金の保有割合は原則10%とし、市況に応じて±10%程度の範囲で調整するつもりです。

  

②優待株枠 約3000万円(30%)

億り人になっても、優待株への投資は続けていきたいと考えています。

優待株投資には、

・普段の生活費(現金支出)を低く抑える

・「楽しく」投資を続けられる

という重要なメリットがあるからです。

 

もっとも、「優待に使われる」ような生活になっては、本末転倒なので、生活に必要な範囲で優待株を保有したいと思います。

 

また、優待に魅力があっても、割高な株は保有せず、クロス取引を活用します。

おそらく、2~3千万円ほどあれば、十分に優待生活を満喫できるのではないかと考えています(もしそれより少ない金額で十分なら、下記と③と④の割合を増やします)。

効率よく優待を取得するため、家族名義の口座でも優待株を保有する予定です。

  

③日本の小型株(30%)  

私にとって、1億円達成は目標ですが、通過点にすぎず、将来的には、経済的な自立も見すえ、数億円、欲を言えば10億円程度まで資産を増やしたいと考えています(願望)。

 

そのための「攻めの投資」として、「厳選した」日本の小型株に投資します。

小型株こそが、成長力が高く、かつ市場の非効率が生じやすく、「攻めの投資」に最適と考えられるからです。

 いまは、経験や知識を積み重ねて、目利き力を高めているところです。 

 

④米国株・インデックス投資iDeCoや積立NISA) 約3000万円(30%) 

米国株は、歴史的にみて、もっとも良いパフォーマンスをおさめています。

また、今後も、米国は人口増加・経済成長が期待できます。

アメリカ株は、株主還元にも厚く、高配当・連続増配の銘柄がたくさんあります。

これらの理由から、将来的には、米国の優良企業(P&Gやコカコーラ、フィリップモリスなど)にも、一定の割合で投資したいと考えています。

アメリカ株については、「守りながら増やす運用(守りの投資)」として高配当株投資を行いたいと思います。 

 

ただ、現在、アメリカ株は指標的に割高なので、投資機会をうかがっているところです。

まずは、円高時に、ドルを大きく買って、アメリカ株が調整したときに、少しずつアメリカ株を買っていきたいと考えています。

(参考記事)

shima-jin.hatenablog.com

 

 

あわせて、iDeCoや積み立てNISAを使って、長期分散積み立て投資を行っていく予定です。節税効果は重要ですからね。運用対象は、外国株(先進国株・新興国株)のインデックス投資を基本にする予定です。

(参考記事) 

shima-jin.hatenablog.com

 

 

私のポートフォリオ構築戦略(現在)

将来的に上記①~④を実現するために、私は下記(1)~(4)のような方針を採用しています。

(1)現金比率は10%前後で

 その理由や方針は上記①と同じです。

 

(2)優待株PFの構築を優先(特に割安な優待株、昇格期待のある優待株を買う)

まずは、優待で生活費を節約し、入金量を増やすことを優先します。

あわせて、いろいろな銘柄を保有することで、知識や経験を高め、目利き力をつけるという目的があります。

 

(3)自信のある小型株(昇格期待株)を大きめに買い付けて(準)主力株として保有

自分なりにいろいろと分析して、自信のある銘柄(1~5銘柄程度)は、大きめに買い付けて、「攻めの投資」を行います。

これも、自分で考える力や経験を積むためです。うまくいけば、資産の増加速度が速くなります。

現在の主力は、9035第一交通産業です。

(参考記事)

shima-jin.hatenablog.com

 

(4)アメリカ株は調整待ち。iDeCoや積み立てNISAで割安な資産類型をコツコツ積み立て投資。

 アメリカ株は、2017年7月現在、歴史的最高値を更新しており、かつPER面でも割高なので、保有は見送っています。調整が来て、2万ドルを割るようなことがあれば、少しずつ買っていきたいと考えています。

 

iDeCoは、外国株を原則としつつ、割安な資産類型で(現在は新興国株とJREIT)運用しています。

来年から始まる積み立てNISAでも、同じような投資を行っていく予定です。 

 

 

以上、現在の私のポートフォリオ構築戦略でした。

少しでも参考になれば幸いです。

私も定期的に戦略を見直し、改良していくつもりです。

それではまた!