京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

私のクオカード利用法


f:id:shima_jin:20170728010241j:image
優待投資家にとって、クオカードは一番もらうことの多い優待品といえます。

私も、この半年間で20枚近くもらったでしょうか。

クオカードをどう使うのが最も効率が良いかについては、究極的には、人それぞれだと思いますが、本記事では、参考までに、私の利用法を紹介したいと思います。

 

私は、日常生活の中で、なるべく節約効果が大きい使い方をするよう意識しています。

(参考記事) 

shima-jin.hatenablog.com

 

具体的には、次のような使い方です。

 

①時間がないときの昼食をコンビニで購入

 

私は普段、大学の食堂でご飯を食べているのですが、授業や会議の関係で十分な時間がとれないときは、コンビニでお弁当やサンドイッチ、お惣菜を買って、研究室で食べています。

また、外出中、昼食の時間が十分にないとき、小腹がすいたとき、コンビニを利用することがあります。

そうしたとき、クオカードがあるとタダになりますので、非常にうれしいです。

もっとも、コンビニは、値段が高いので、「急ぎ」のときしか使わないようにしています

 

マツモトキヨシで薬や日用品を購入

 

マツモトキヨシをはじめとする一部のドラッグストアでは、クオカードが使えます。

薬や日用品を購入する際にクオカードを使えば、節約効果大です。

生活圏内に、マツキヨがあれば、是非クオカードを使いましょう。

 

 

③ガスト・バーミヤン等、すかいらーく系列のレストランで使用

 

ガスト、バーミヤンなど、すかいらーく系列のレストランでは、クオカードが使えます。すかいらーくには、超太っ腹な株主優待もあり、優待券とクオカードのコンボは最強ですね。(端数をクオカードで払えば、現金を使う必要はありません。)

 

 

そのほか、ガソリンスタンド(エネオス・JASS)、書店(ジュンク堂紀伊國屋書店等)などでクオカードを使うのも、節約につながるので、おすすめですね。

(私は車を所有しておらず、書店では図書カードを使うので、これらの用途でクオカードは使っておりませんが。)

 

以上、クオカードの使いかたについて、少しでも参考になれば幸いです。

 

それではまた!