京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

健康への投資② 食事編

f:id:shima_jin:20170716133429j:image

こんにちは、島人です。

 

今回は、健康への投資として、私が食事面で実践していることを書きます。

(参考記事) 

shima-jin.hatenablog.com

 

 

まず、前提として、私は、朝は自宅で食べますが、昼と夜は大学の食堂で食べることが多いです。学食は安いのがメリットです(また、京大の学食は比較的メニューも豊富で飽きないです)。子供ができれば、この生活スタイルは変わるかもしれませんが、当面はこのスタイルを続けます。

 

以下、私が「健康への投資」として、食事に関して心掛けていることを紹介します。

 

①野菜を多く食べる 

朝は(時間もないので)、ミニトマト・壬生菜の漬物・野菜ジュースくらいですが、昼と夜は学食で野菜をたくさん摂ります。特に、トマトやホウレン草、ブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜が重要なので、それらを摂るようにしています。

優待で、ファーストフード店などで食事をするときも、野菜をなるべく食べられるメニューを選んでいます。

 

②野菜から食べる 

食べる順序は結構大事で、血糖値が急に上がるのを防止するため、野菜から食べるのが、望ましいです。

 

③魚をなるべく食べる 

食堂では、一日に1回は魚を食べるようにしています。

魚は、健康にも、頭にも良いからです。

 

④発酵食品を多く食べる 

腸内環境は、健康にきわめて重要と言われています。

発酵食品を多くとる国や地域の平均寿命は長いとも言われていますね。

私は、以下のような発酵食品を日常的に食べています。

朝:ヤクルト・味噌汁・納豆

昼食後:アレルケア(カルピス・乳酸菌L-92)

夜:ヨーグルト(雪印メグミルク恵ヨーグルト)

 

ヨーグルトなどは同じものを数週間食べ続けて、腸内に定着させる必要があります。食べるヨーグルトをコロコロ変えるのはよくありません。インターネット上の情報を参考にしつつ、実際に一定期間食べてみて、自分に合ったものを時間をかけて探すとよいです。

 

カルピスのアレルケア(乳酸菌L-92)は、アトピー(皮膚炎・鼻炎・花粉症)の症状を抑える効果があるとされており、私も食べてみて症状がだいぶマシになりました。もう2年ほど食べ続けています。効果に個人差はありますが、試してみる価値はあるかと思います。

by カエレバ

 

⑤お酒は飲み過ぎない 

お酒は多少なら健康に良い(平均寿命を延ばす)というデータもありますが、飲みすぎは明らかに健康に悪いですし、頭のはたらきも悪くするので、飲み会等では飲みすぎないよう心掛けています。(とはいえ、飲みすぎてしまうこともしばしばで、まだまだ修行が足りません。)

 

⑥塩分は控える 

高血圧は、いろいろな病気のもとになりますので、大変危険です。高血圧の予防策としては、塩分を控える・野菜をとる・運動をするなどが重要です。私は遺伝的に血圧がやや高めなので、血圧にはかなり注意を払っています。特に、減塩には気を付けています。

 

具体的には、朝の味噌汁は減塩にしていますし、食堂でも塩分表示の高いメニューは避けています。減塩みそ汁などは、確かに最初は少し薄く感じますが、これも慣れれば、どうってことないです。(むしろ、普通の味噌汁が濃く感じます。)

  

まとめコメント

私は以上のようなことを「健康への投資」として普段から心がけていますが、いきなりこれらすべての習慣を身に着けたわけではありません。20代前半のころは、健康にあまり意識しておらず、20代後半から少しずつ健康に良い行動を心がけるようになりました。

 

一度にいろんなことを実行するのは大変です。しかし、ひとつずつ実践して、習慣化していけば、比較的簡単に身につきます。

とくに自分にとって取り入れやすいものから、少しずつ取り入れることが大切です。

健康への投資も、株式投資と同じでコツコツ続けることが大事だと考えています。

私も、今後も新しい健康投資術をコツコツ実践していきたいと思います。

 

それではまた!

(③運動編につづく) 

 

by カエレバ