京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

割引券タイプの優待券の使い方

こんにちは、島人です。

 

われわれ優待族(またの名を優待コジキ)は、基本的に、割引券タイプの優待よりも、金券タイプの優待が大好きです。 

「タダ」というのが大好きなんですね。コジコジしたいのです。

割引券タイプだとお金を使わないといけないので、優待使用時のうれしさ半減です。

  

金券タイプの優待銘柄としては、

ビックカメラ吉野家アダストリアなどがあります。

マクドナルドも、現金不要の商品交換券なので、金券タイプの一種といえます。

 

割引券タイプの優待銘柄としては、

ニトリユナイテッドアローズ三越伊勢丹HDなどがあります。

 

さらに、金券タイプの優待でも、1000円以上お買い上げで500円券が使用可能になっているもののように、事実上の割引券タイプのものがあります。例えば、ヤマダ電機ヴィレッジヴァンガードなどです。

 

 

優待投資家は、割引券タイプや事実上の割引券タイプには、お得感を感じないため、敬遠しがちですよね。 

 

 

しかし、、、、本当にそれでいいんでしょうか????

 

 

割引券タイプであっても、有効な使い方はあります!!!

 

 

それは、商品券(ギフトカード)や、クオカード、図書カード、グルメカードなどと併用するという使い方です!!!

 

商品券、クオカード、図書カード、グルメカードなどは、優待投資家なら、ある程度もらいますよね。それと割引券を併用すれば、現金を使わずに、コジることができます。

 

実際に、私はいつも、ヤマダ電機で優待券と商品券を併用し、ヴィレッジヴァンガードで優待券と図書カード併用しています。

 

こう考えれば、割引券タイプの優待も、捨てたものではありません。

むしろ、割引券タイプの優待は、多くの優待投資家が過小評価しているため、安く優待を取得することができます!(実際、ヤマダ電機ビックカメラのPERの差は、優待の差に起因するのではないか?と思っています。)

 

また、割引券タイプの優待と併用することで、ついつい、たんす預金のように貯め込みがちな商品券なども、しっかりと活用することができます。

(参考記事)

shima-jin.hatenablog.com

 

まとめ

優待券と商品券等の併用が可能かどうかを念のため調べることは必要ですが、賢く使えば割引券タイプの優待も非常に魅力的ではないでしょうか。

私も「お値打ちな割引系優待銘柄がないか」を普段から意識してみようと思います。

 

それではまた!