京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

保有株の断捨離のすすめ


f:id:shima_jin:20170712114430j:image
こんにちは、島人です。

 

先週、①不安定な相場環境下で調整銘柄がいくつかあったことと、②ライザップ一味の利確により買付余力が増えたことから、複数の銘柄を買い、買いポジションが大きくなってしまいました。

持病のポジポジ病の発症です(笑)

(参考記事)

shima-jin.hatenablog.com

 

そこで、ポジポジ病への対処療法として、先週末、優待株ポートフォリオの総点検を行いました。

 

指標や四季報情報をもとに、現在の株価が割安かどうかを検討し、

S(超激安)、A(激安)、B(割安)、C(妥当)、D(割高)

の4つのランクに分けてみました。

 

そして、割安度がCやDの銘柄で、(私にとっての)優待魅力が高くない銘柄をピックアップして、今週、売り注文を出しました。

指値で売り注文を出しましたので、まだ約定していないものもあります。)

 

 

例えば、次のような銘柄です。(あくまで私の主観なのでひとつの参考までに。)

 

4355 ロングライフHD 

比較的最近、優待目的で買った銘柄です。

10月優待で「カレー」がもらえます。

しかし、PER21倍と、同社の成長力に比してやや割高な株価(D評価)となっており、

また、カレー優待は食費の節約に大変有益なのですが、

ライザップのカタログギフトで カレーを選んだこともあって、

カレーのストックが十分にあるなと思い、 売ることにしました。

また株価が下がれば買いたいです。

 

6044 三機サービス 

5月優待でクオカード2000円です。

ここも、PER21倍台となっており、私的には割安とは言えません(評価C)。

また、東証1部昇格も果たしたため、しばらく大きなカタリストもなさそうです。

さらには、優待廃止リスクもないわけではありません。

以上の理由から、保有すべき優先度は低いと考え、断捨離の対象としました。

5月優待は貴重なので、ここも株価が下がれば再度購入したいです。

 

 3167  TOKAIホールディングス 

3月・9月に、お水やクオカードが選べる選択式の優待がもらえます。

PERは17倍台ですが、成長率に比べて割安とはいえないと思います(評価C)。

配当利回りが3.3%程度と、比較的高利回りなので、売るかどうか迷いましたが、最小単元の100株だけ残して、売ることにしました。

 

 

まとめ

こうした断捨離により、現金比率が多少回復しました。

 

こうした断捨離は、季節に1度くらいやった方が良いかなと思います。

四季報が発売されたタイミングがちょうど良い機会になるでしょうか。

 

ポジポジ病に対しては、本来、対処療法ではない、抜本的な治療・対策が必要なのかもしれませんが、名案がないところです。

優待クロスやIPO立会外分売に、もっと積極的に応募するようにすれば、ある程度はCPを確保するようになりますかね。

投資方針や投資戦略については、引き続き考えていきたいと思います。

 

それではまた!