京大准教授の投資日記 ~優待バリュー株で楽しく億る~

若手京大准教授(理系)が優待バリュー投資をベースとしつつ、「楽しく」億り人を目指します!

読書のすすめ 私の書店活用法


f:id:shima_jin:20170622233811j:image


 

こんにちは、島人です。

バフェットをはじめ、一流投資家は、みな読書家であると言われていますよね。

インターネットが発達した現代でも、読書の価値はさほど減少してないと思います。

むしろ、他の人が本を読まなくなった分、読書の価値は相対的に上がったように感じます。

 

私も大学教員の端くれとして、人並み以上に、読書をしています。

本の内容は、自分の研究分野や投資関連本はもちろん、

経済学、心理学、ビジネス書、小説、ノンフィクションなど、多岐にわたります。

もちろん、漫画も読みます。愛読の漫画は、ワンピース、3月のライオン海街diary、インベスターZなどです。

 

様々な本に触れることのできる場所として、書店は大事ですよね。 

今回は、ふだん私が、投資関連情報を集めるために、どのように書店を利用しているかを書きたいと思います。

 

①最寄り駅近くの書店

私は電車通勤なのですが、ほぼ毎日帰りに、最寄り駅近くの書店によって、投資関連の雑誌や新刊本(これは投資関連に限らない)をチェックしています。

特に、毎月、三大マネー誌の発売日は、やや多めに時間をとって、立ち読みし、

買ってじっくり読みたいと思ったものを購入しています。

 

読書習慣がない方は、書店に行く習慣もないのでは、ないでしょうか? 

まずは、習慣的に書店に足を運ぶようにすれば、自然と本への興味が増し、

読書習慣も身につくと思います。習慣の力は偉大です。

 

なお、四季報については、定期購読をしており、書店で買うのではなく、

発売日前に自宅に届けてもらっています。 

shima-jin.hatenablog.com 

 

②大学の書店(大学生協)

大学の生協では、組合員に対して、どんな本や雑誌も(コミックも!)10%割引で販売されています。

倹約家・バリュー投資家の私としては、これを利用しない手はありません。

 

なお、京大生協の組合員には、京大関係者のほか、近隣住民でもなれるみたいです。

(参考サイト)

http://www.s-coop.net/service/entry/001777.php

近所に大学がある方は、 当該大学の生協について、調べてみるとよいかもしれません。

 

生協では図書カードも使えるため、本を買うときはなるべく大学生協を使うようにしています(図書カードはもちろん株主優待でゲットしたものです!)。

 

大学生協は、通常の書店と比べ、真面目で堅苦しい本が多く、経済学・経営学の本や、新書の品揃えがすばらしく(小説や雑誌もたくさんあり、最近では漫画も置いてます)、大変重宝しています。

 

  

③デパートや繁華街の大型書店

家族で買い物に行ったときの待ち時間や、

繁華街に外出中である程度の待ち時間のあるとき、

わたしは、大型書店で投資関連本(普段行く書店にはないもの)を、読みあさり、

じっくり読みたいと思ったものを購入しています。

 

もちろん、ここでも、投資本だけでなく、様々な本をなるべく読むようにしています!

(最近は米国系の投資本にはまってますが…)

 

 ④ネット書店(Amazonなど)

時間のないときや、読者のレビューを見たいときには、Amazon楽天も積極的に活用しています。

また、ネットで中古本を安く買うことも少なくありません。

このように、ネット書店は便利で、私もよく活用しています。

 

しかし、実際に書店で手に取ってパラパラするのが、一番だと私は思いますので、

リアル書店に足を運ぶことはやめません!

 

 

以上、私の書店利用法でした。

少しでも参考になれば、嬉しいです。

たくさん本を読んで、投資家としての腕を高めていきましょう!!

 

それではまた!

 

【参考:最近読んで面白かった本3冊】